×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さて、通学と腹を括ったは良いが、何処の学校に行こう。
通勤〜自宅の間を考えると、該当するのは2校。
で、片方は何と教習車が外車
なので、じゃあこっち〜と思いつつも、まずはネットを駆使して下調べ。
そしたらびっくり、そこは

県下最大の難易度を誇る鉄壁校

そりゃあ事故率低いのも誇れるだろうが、
免許取る前に辞めたら元も子もないじゃん
って事で、あっさりもう一校へ。
入学受付には、私の前に、母親連れの女の子が手続き中。
正直、もの凄く羨ましかった。

学生諸君、社会人になってから免許取ろうとしても、学割なぞ無いし、親の援助なんて無いからな

自動車運転免許には、2種類ある。
後から限定解除するよりは、最初から全て合った方が良いだろうと、無謀にもMT(マニュアル)コースを。
…後から何度、
AT(オートマ限定)にすりゃあよかったぁ!と嘆いた事か。
金は安いし教習は簡単だし。ああ畜生。
大体私に足と手と両方操作しろってのが無理なんだよ……
と脱線はさておき、
教習料金は全てひっくるめて3●万。
一括か、分割か。
一括にすると、
修了検定でもし落ちた場合一度だけ無料で再検出来る特典が
迷う事はなかった
この私が一度で受かるわけがない。情けないが断言出来る
で、料金はあらかじめ知っていたのできっちり持参していた。
が、受付のおねーさんは
一万円足りないと仰る。
流石に大金だもの、何度も確認しての持参だったので、
「いや、数えてきたので、そんな筈ないのですが」
と食い下がるも、
「でも無いです」
と、わざわざ私の目の前で数えて、ほら、と言いたげ。
渋々一万円札を渡すも、心の中ではどうしても納得いかない。
そんな思いを抱えたまま、ちょっと寄り道をして帰宅すると、留守電が。

…今思い返せば、「ちゃんとお金返ってきたから良かったよな。下手したら一万損してたんだから」と遠い目で語れますが。
後で受け取りに行った時、おねーさんはとても気まずそうでした。

そういえば、入校時に写真を撮るなんて知らなかったよ。
髪はバサバサ、服はまさに私服!な感じだったとゆうのに、ああん(T□T)