×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

入校式も終え、さあ教習だ!
とはいえ、最初から車に乗る訳ではなく、まずは「カートレーナー」と言う、文字通りのシミュレーションマシンで、ハンドル操作などを学ぶ。
教官の指示通りに走るのだが、ただでさえ慣れない操作の上に、矢継ぎ早に指示を出され、もー頭は真っ白
ギアチェンジなんてとんでもない。
どっちがブレーキかアクセルかも分らなくなる始末
道は間違えまくり。
「はい、次のT字路を左に曲がって」とか言われても、
今の私の目の前は交差点です、先生
それでも懸命に指示に追いつこうとした結果、↑の通りに。
ええ、自分でも途中メーター見てやばいなーとは思ったんですけどね。
帰りに教官に呼び止められたのも
実話
「エンジン音でバレバレなんだよ」と爽やかに言われましたとも。
(実際にはおっちゃんだったが)
あれはすんばらしい一撃だったなぁ。
正に、
屍に鞭打ちまくりってやつ。
これは複数教習なので、4人で組んでの実習だったのだが、これほどスピードオーバーしたのは私だけだったらしい。
この時点で既に、自分の素質の無さをイヤというほど痛感しましたよ
とほほ。