×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

実技教習は、1時間文字通り教官とマンツーマン
故に、とんでもねー人と組むと、その時間は正に地獄と化します。
大抵の教習所では教官を選べますので、好きな先生がいるなら指名した方が良いでしょう。
ちなみに私は、特に好きな人がいるわけでもなかったので、指名制度は一度も使いませんでした。(嫌いな人はいたが)

で、狭い車内に二人きり。
沈黙に気を遣ってでしょうか、色々話しかけてくれる教官がいらっしゃいます。
が、私は沈黙なんて気にしないし、それに何より、
教習時の私の五感全て運転に集中しないと怖いんですってば
「最近妻が冷たくてー」みたいな話をされても、左から右へ。「はぁ…」とお間抜けな返事しか出来ません。
その合間にいきなり「あ、そこ左に曲がってー」とか言われたらもう、「え?え??はいっ!」とアタフタ。
(曲がる時は、減速チェンジしないと…ってああっ、もうカーブは目の前ぇぇ!!)
そんなんばっかし。
はっきし言って、世間話は要りません。
ただでさえ身体が運転を覚えていない最初は、どうか
運転だけに集中させて。

補足。三番目の教官はカイゼル氏…。スランと髪型一緒なんだよねぇ。
んで、二番目は台詞で分かってくれるかと思ったのだけど無理ぽいので…(泣)
あれはVH2のボス、つまり……なお方ですよ。