×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その教官は、最初から口が悪い悪い。
何かと言うと、「お前、今日が初めてじゃねーのになにチンタラしてやがる」って感じで。
やかましーわ、たった二回目でスムーズに乗れるんなら教習所なんて来る訳ねーだろと喉元まで何度も出かかりましたとも。

で、教習所内のコース説明。
通常コースは20km/hで走りますが、一カ所だけある30m
(だったかな?もう忘れた)の直線距離は、必ず30km/hを出さねばならない
これは見きわめなどでも重要なポイントになります。
が、何せまだ二回目。
ハンドル操作も半クラッチの感覚もおぼつかない。
雨が降っているからワイパーを使わなくてはならないが、その操作もよく分からない。
もたつく毎に罵声が飛んできました。

「二度とコイツにだけは当たるまい」

そう心に決めた地獄の1時間。

幸いにも、二度と当たる事はありませんでした。
有り難う神様。
教習止めたくなる原因No.1が教官によるものって、よっく分かりますよ。ええ。

しかし、タイヤってホントに鳴るんだなーと思った今回の事件。
いやー、気がついたら目の前もうカーブなんだもんよ(苦笑)
咄嗟にハンドル切って衝突は回避し、そのまんま教習は続けられましたが…
もうドキドキ。背中を汗がだーっと流れ落ちました。
生存本能ってスゴイ(ちょっと違うか)

私が故意にそんな事出来る技量がないと分かっていたのか、ハンコはなんとか貰えました。(苦笑)

ラルクにゃ乱暴な言葉遣いさせたくなかったので、陰険男その2登場(笑)<教官
うう、コーリィさん描き方もう忘れちゃったよ…。